トップページ > モバイル回線 > Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)

ソフトバンクとの統合でますます高速化が進むY!mobile(ワイモバイル)

従来の回線よりも大容量ファイルの送受信を高速で行うことができ、カバーエリアも全国に急速に拡大している話題の「高速モバイル通信(LTE)」。大手3キャリアも競って対応端末を発売中ですが、CMでも話題になっているY!mobile(ワイモバイル)も、下り最大165Mbpsもの速度が出る「Pocket WiFi 305ZT」を発売を始めました。

この商品の良いところは、高速通信「4G」に対応していることで、下り最大165Mbpsの通信が可能な点です。しかも、Y!mobileとソフトバンクの2社が持つ3ネットワークに対応。広範囲で利用ができますので電波が届かないなんてことも殆どありません。また、3つの中から最適なネットワークを選択してくれますので、通信の安定性をより高めた快適な環境を実現します!

バッテリー容量も旧モデルから大幅に拡大し、最大約9時間という長時間の利用が可能になりました。しかも、端末の大きさも手頃で、ポケットやカバンの中でもそれほど邪魔できそうですね。

ユーザーにとって一番気になる利用料金ですが、Pocket WiFiプラン+のメニューで月額固定で3,696円。これなら、毎月の請求金額も気にせずに安心して使うことができるので、とてもリーズナブルです。家の中での利用だけではなく、仕事で外出が多い方もwi-fiがあれば快適なインターネット回線を利用できるので、仕事もはかどるのではないでしょうか。

注意点としては、自分の利用エリアがLTEにカバーされているかを、サイトなどで一度チェックしてから購入することです。

  • ※4G対応エリアのうち下り最大165Mbpsが利用できるエリアはこちら(ソフトバンクモバイルのページへリンクします)からご確認ください。
  • ※4G対応エリアのうち下り最大112.5Mbpsが利用できるエリアはこちら(ソフトバンクモバイルのページへリンクします)からご確認ください。
  • ※4G対応エリアのうち下り最大75Mbpsが利用できるエリアはこちら(ソフトバンクモバイルのページへリンクします)からご確認ください。

イーモバイル比較動画

最近話題になっているY!mobileのLTE回線速度と端末に関する解説動画です。ご覧頂ければ、LTEの回線がどれほど速いのかがわかると思います。また、LTEに興味がある方は、店頭で実機に触れてみることでその速度を実感できると思います。

イーモバイルの口コミ・評判

LTEの速度とエリアの広さに感激!
LTEのプランを使用していますが、とくに通信に問題もなく安定している印象です。LTE対応エリアの境界線上の場所でしたが、しっかりLTEモードで接続できたのでよかったです。ただ、場所によっては繋がりにくい場所もありますね。出先で大丈夫でも自宅でダメということもあります(私の環境がそうでした)。
男性 40才 会社員
速度規制が殆ど無いLTE!
速度規制については、通常どおり夜間(LTEは月間も?)と思いますが、そこまで使っていないので、制限らしきものはわかりませんでした。ドコモはHSUPA(上り5.7Mbps)対応エリアが狭いので、その点はイーモバイルのほうが有利かもしれません。テザリングもOKでした。
男性 20才 会社員
月額3,000円を切る価格で使い放題!
月額料金も2,680円(GMOとくとく)で見てきた中で、月額も安めの設定ですし、また、キャンペーンを利用したときには、端末代無料、初期費用無料、初月無料なのもよかったです。また、LTEのエリア内なら速度や安定性に困ることはほとんどありませんでした。
男性 20才 会社員

Y!mobile(ワイモバイル)の特長

回線会社 Y!mobile
サービス名称 mobile 4G+
GMOとくとくBB
サービス提供エリア(人口カバー率) 92%
(エリア拡大中)
最大速度 下り 最大165Mbps
上り 最大10Mbps
初期費用 データ端末費用 機種によって異なる
申込事務手数料 3,000円
月額費用 2,680円
(GMOとくとくBB mobile 4G+の場合)

管理人がオススメするプロバイダはココだ!!

戸建て住宅でオススメのプランは「フレッツ光+Yahoo!BB」

「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」を追加料金無しでオトクに!しかも、使えば使うほどポイントを貯めることができます。さらに、無線LAN(Wi-Fi)が標準装備なので、スマートフォンやゲーム機から、家中どこからでも家族みんなが同時にインターネットを楽しめます。