トップページ > 光ファイバーのサービス > ひかり電話なら固定電話よりもおトク!

ひかり電話なら固定電話よりもおトク!

フレッツ光で使える固定電話「ひかり電話」

携帯電話が国民のほぼ全員が持っているぐらいの回線契約数となり、固定電話の利用する回数が減っています。そこで、固定電話の基本料金を下げてしまう方法があるのです。NTTの固定電話の年間コストは2万円前後必要ですが、約15,000円も減らす契約の仕方があります。光ファイバーでのサービス提供をしているフレッツ光を使ったNTT東日本の「ひかり電話」のサービスが始まってから5年以上が経過しています。

その間、多少の通信トラブルはありましたが、最近では通話ができないトラブルも殆ど無く、電話線を使った固定電話並みに安定しています。光ファイバーを活用するので、NTTの「Bフレッツ」との契約することが絶対条件となります。インターネットを利用をしない家庭では、ひかり電話にすることのコスト面でのメリットは皆無に等しいでしょう。

ただ、ADSLなどでインターネットを現在利用していたり、すでにフレッツ光を契約しているのならば、固定電話からひかり電話に切り替えることで、基本料金を大幅に減少させることができるのです。ひかり電話の基本料金は525円。NTTの加入電話の基本料金が1,785円ですので、単純に計算しても、月に1,270円もオトクになります。年間にして15,240円もコストを節約できます。

また、ひかり電話は事務用・住宅用の区分けがないので、事務用として割高の基本料金を支払っていた場合にはさらにお得になります。

電話番号を変える必要がない

ひかり電話は、フレッツ光の光回線を利用したIP電話となりますが、今まで固定電話で使用していた電話番号をそのまま移行できますので、電話番号が変わる心配がありません。もちろん、110番や119番などの緊急通話も可能です。使い勝手は固定電話とほぼ似たようなもので電話機も現在使用しているモノが問題ありません。

ひかり電話を利用するためのルーターなどの機器を介するだけで、利用方法は加入電話と何も変わりません。そのため、お年寄りや子供でも、何か新しいことを覚える必要もなく、携帯電話を新規に買った時のような戸惑うことがありません。さらにひかり電話は、固定電話と比較して通話料金も割安になります。長距離の方に長電話をよくしてしまう人やビジネスマンにはかなり通話コストを節約できるかもしれません。

管理人がオススメするプロバイダはココだ!!

戸建て住宅でオススメのプランは「フレッツ光+Yahoo!BB」

「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」を追加料金無しでオトクに!しかも、使えば使うほどポイントを貯めることができます。さらに、無線LAN(Wi-Fi)が標準装備なので、スマートフォンやゲーム機から、家中どこからでも家族みんなが同時にインターネットを楽しめます。