トップページ > 光ファイバー > 光回線の提供エリア

光回線の提供エリア

光ファイバーをインターネット回線を利用するには、光ファイバーサービスを提供しているエリアに住んでいることが最低条件です。仮に提供外の場所に住んでいたら、光回線の提供範囲内になることを待つしかありません。

たとえば、「あのプロバイダーの光サービスと契約したいけど、自分の家がその提供エリア内に入っていない』という状態であれば残念ながら幾ら頑張ってもそのプロバイダーのサービスを契約及び利用することは出来ません。つまり、提供エリア内に引っ越すしかないということです。

NTTやひかりOneも少しずつ光回線を利用できる提供エリアを拡大していっていますが、場所によってネット普及率などにもギャップがある為、日本国中全てで光ファイバーを利用できるようになるには時間が必要になりそうです。

また、同じプロバイダーでも、マンションタイプと一戸建てタイプではサービス提供の範囲に差があるところも少なくありません。地域密着型のプロバイダーなども存在し、ある一定の地域内でしかサービスを提供しないISP会社も実際に数多く存在しています。

資本力があまり大きくない会社では、提供エリアを拡大できない分、行き届いたサポートサービスを提供することでユーザーから信頼を得ている場合があり、そういった会社と契約すれば、エリアが小さいからと言って大きな会社よりもサービスが劣るということも殆どありません。

光ファイバーの回線の品質や通信速度にはさほど違いはないので、セービスの提供エリアは狭いがそういった料金やサービス面で還元しているところを選ぶ基準の一つにするのもありだと思います。

管理人がオススメするプロバイダはココだ!!

戸建て住宅でオススメのプランは「フレッツ光+Yahoo!BB」

「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」を追加料金無しでオトクに!しかも、使えば使うほどポイントを貯めることができます。さらに、無線LAN(Wi-Fi)が標準装備なので、スマートフォンやゲーム機から、家中どこからでも家族みんなが同時にインターネットを楽しめます。